「堺刃物」の伝統を継承。包丁・ナイフ・篆刻刀・各種刃物の製造販売




包丁ができるまでの製作工程をご紹介します。
包丁の製作工程は、大きく鍛冶(かじ)・研ぎ・柄付けに分かれています。


鍛冶
▼ 鍛造(たんぞう)
材料の鋼を赤めてたたき、鍛えながら 包丁の大まかな形を作っていきます。
終わった後、 再び加熱し、ゆっくり冷やすことで炭化物の球状化や鍛造によるストレスを除きます。
(焼きなまし)
▼ 成型
プレスや切断機(押し切り)・グラインダーを使い、包丁の成型をします。
▼ 焼入・焼戻
素材に応じた温度に加熱し、水や油で急冷する事で鋼材は硬くなり、切れる鋼になります。
さらに150〜220℃に再加熱すると鋼はねばり強くなります。
焼入でできた歪(ひず)みをたがねでたたいて直します。


研ぎ
▼ 荒研ぎ
片面自動研削機により余分な部分を削り取り厚みを整えていきます。
▼ 本研ぎ
研ぎで出た歪みをそのつど取り除きながら、研棒(とぎぼう)という冶具に取り付け、
切れる状態に研ぎ上げていきます。
▼ バフあて・仕上げ磨き
円形の布を重ねてミシンで縫ったバフと言われるホイールの外周に
接着剤で研磨材を貼り付けたもので荒いものから順次磨き上げていき、
最後にフラップホイールというペーパーバフで仕上げをします。


柄つけ
▼ 洋包丁
荒削りされたハンドル材をリベットでかしめ、ペーパーで成型し、ワックスでツヤ出しをします。
▼ 和包丁
中子(なかご)をバーナーで熱し、曲がり具合を調整しながら、柄尻(えじり)を木槌で
たたいて焼き込んでいきます。柄が抜けたり腐食防止のために一度柄を抜いて、
接着剤で充填します。
▼ 検品・箱詰
刃の欠けなどを最終チェックし、出荷します。