「堺刃物」の伝統を継承。包丁・ナイフ・篆刻刀・各種刃物の製造販売


更新情報やスタッフからのメッセージをお届けします。

*その他

”金属アートクラブ”終了! (09/02/25)

カテゴリー名:*その他


毎年恒例、地元小学校の金属アートクラブが今年度も無事終了!

月1回のクラブ活動、今年度のお題は「キャンドルスタンド」。皆どれも個性の光る素敵な作品が出来上がりました。


今年の講師は社長ではなく、アメリカの鍛冶屋さんシハン・プルール氏です。彼は刃物勉強のために堺に滞在し、工場に通い始めてはや1年半になる24歳の青年です。

そんなシハン氏は日本語がペラペラ(独学!)ですが、外国の人とふれあう機会なんてなかなかそうあるものではないと思うので、今回、クラブのみんなにとって良い経験になったのではないかと思います。


それにしても今年の生徒たちは元気が良かった!いつも大きな声であいさつ、気持ちがいいもんです。ありがとう。


金属アートクラブのみなさん、お疲れ様でした!!(芦刃物高田)


photo:(上)金属アートクラブのみんなとシハン氏、社長(下)生徒6人と先生の作品、先日の刃物まつり出展の様子

2009/02/25  Comments(690) | Trackback(0)

あけましておめでとうございます (09/01/05)

カテゴリー名:*その他


新年あけましておめでとうございます。

昨年もたくさんの方々に弊社の刃物をお買い求めいただき、本当にありがとうございました。

今年も”心”を込めて一丁一丁製作していきたいと思っております。


個人的には2月に開催される”堺刃物まつり”のナイフショーに自作ブランドの刃物を出展するので、その製作や準備で忙しい年始めになりそうです。(2月の刃物まつり、期待してください(!))


本年も芦刃物製作所ならびにashihamono.comをどうぞ宜しくお願いいたします。(芦刃物高田)


photo: 初詣客で賑わう堺の方違神社

2009/01/05  Comments(14352) | Trackback(0)

The 60th Anniversary !! (08/03/25)

カテゴリー名:*その他


ここ堺でも桜の花びらが開き始めた今日、芦刃物製作所は創業60周年を迎えました。

これもひとえにご愛顧いただいている皆様のおかげと感謝いたしております。


先代が親方から独立し、三畳一間のバラック小屋で刃物屋を始めてから60年、今では長細〜く狭いながらも工場を構え、有限会社となり従業員6名毎日忙しく働かせていただけることに、感謝するとともに身の引き締まる思いです。

今後も100周年(!)めざしてスタッフ一丸となり良い製品を作って行きます。これからも芦刃物製作所を宜しくお願いいたします。(芦刃物高田)


photo: 60年芦刃物を見届けてきた金床と玄翁


2008/03/25  Comments(8565) | Trackback(0)

”金属アートクラブ”終了! (08/02/28)

カテゴリー名:*その他


毎年恒例、地元小学校の金属アートクラブが今年度も無事終了。

今年度も月1回のペースで「マイカスタムナイフ」を製作、皆それぞれ良い仕上がりとなりました。そんな中、今年一番感じたのは、、、とにかくみんなおとなしい!!先生もそれに輪を掛けておとなしい!「おーい元気か〜〜〜!」って何度思ったことか。

受け入れる側の私たちにも問題あったのかな〜なんて、ちょっと考えたりします。

もっと子供たちに笑顔で頑張ってもらえるよう、来年度は気をつけようと今から気合いを入れております。やっぱり最初が肝心かな。


とにもかくにも金属アートクラブのみなさん、お疲れ様でした!!(芦刃物高田)


photo: 完成した「マイカスタムナイフ」たち


2008/02/28  Comments(11782) | Trackback(0)

”堺刃物まつり”無事終了!! (08/02/12)

カテゴリー名:*その他


9日、10日と2日間行われた”堺刃物まつり”も無事終了。今年は天候が激変した2日間でした。

1日目は雪!それも場所によっては数センチ積もるほどの雪でした。午後からは少しずつ雨になっていったものの、足元が悪く人手はあまり多くはありませんでした。

2日目は快晴!とても気持ちの良い青空が広がり、気温も10度を越えるほどのあたたかさ。昨日の雪は一体・・・。

しかしお天道様のおかげで2日目は大盛況!終わりよければ全てよし!となったのでした。


雪舞う中お越し頂いた方も、少し歩くと汗ばむ中お越し頂いた方もご来場ありがとうございました。また来年もお待ちしております!(芦刃物高田)


photo: 2日目の青空を泳ぐアドバルーンたち


2008/02/12  Comments(3753) | Trackback(0)

あけましておめでとうございます (08/01/07)

カテゴリー名:*その他


新年あけましておめでとうございます。

昨年もたくさんの方々に弊社の刃物をお買い求めいただき、本当にありがとうございました。

今年も”心”を込めて一丁一丁製作していきたいと思っております。そんな私達作り手の”心”、そして”気”が使っていただく方々にも伝われば幸いです。

本年もashihamono.comならびに芦刃物製作所をどうぞ宜しくお願いいたします。(芦刃物高田)


photo: 芦博志鍛鉄最新作品”気-part供


2008/01/07  Comments(3839) | Trackback(0)

金属アートクラブ終了! (07/02/28)

カテゴリー名:*その他


毎年社長が講師としてお手伝いしている地元小学校の「金属アートクラブ」。今年度は4人全員が男子生徒ということもあって、お題は「自分だけのカスタムナイフ」。


デザインからはじまり、鋼材の切り出し、成形、焼入れ、研ぎ、柄付け・・・と生徒自身の手で進めてきました。

そして最終日となる今日、最終磨きをして名前をマーキング。めでたく完成となりました!どれもとても個性的ですばらしい出来栄えです。



最後に自作ナイフでケーキをカットし、切れ味を実感。ケーキとミルクティーでお祝いをして終了しました。

金属アートクラブの皆さん、一年間ご苦労様でした。ナイフの切れ味が落ちたら、いつでも研ぎに来てね。(芦刃物高田)


photo:(上)金属アートクラブのみんなと社長(下)生徒4人と先生の作品

2007/02/28  Comments(7905) | Trackback(0)

堺刃物まつり無事終了! (07/02/13)

カテゴリー名:*その他


今年も沢山の方に御来場いただきありがとうございました。そして芦刃物の「銀香」包丁も沢山お買い上げ頂き、本当に本当にありがとうございました。

天候が良かったこともあってか例年以上の盛況ぶりで、場内は熱気ムンムン、作業をしていると汗がにじむほどでした。

そして以前より楽しみにしていた「ミニたたら製鉄の実演」!忙しくてまともに見ることが出来ず・・・(涙)。見事に玉はがねは出来たのだろうか・・・ん〜残念。


しかし!代わりと言っちゃー何ですが、毎年行われているにもかかわらず一度もお目にかかれていなかった「まぐろの解体ショー」を偶然見ることが出来ました。

これがスゴかった!全長150cm位、重さ77kgもあるまぐろが、刃渡り30cmはあろう出刃包丁でスーッと、本当にスーッという感じで軽快にさばかれていく様は圧巻でした。さすがは堺の包丁!とお兄さん。


そして見事におろし終わり、中落ちをスプーンでこそぎ取り始めると見物客が一瞬ザワつく。ん?「中落ち欲しい人〜!」の問い掛けに待ってましたとばかり最前列の人たちが「ハ〜イッ!」と手を挙げる。「じゃあジャンケンね〜!」おおおっううう、、、乗り遅れた、、、。し、知っている、、、。


来年は最前列をキープしよう、そう思ったのでした。(芦刃物高田)


photo: 解体を待つ”まぐろ”と”解体をする”お兄さん”

2007/02/13  Comments(43) | Trackback(0)

新年明けましておめでとうございます! (07/01/02)

カテゴリー名:*その他


新年明けましておめでとうございます!

昨年3月にホームページのリニューアルオープンをして以降、沢山の方に訪れていただきました。また、ネット通販でも多くの方にご購入いただき本当にありがとうございました。

約10ヶ月経って予想外だったのが、通販にてご購入される方がリピーターの方が多かったということです。これは私たちにとってとても嬉しいことでした。


又、沢山の方にホームページを誉めていただいたことも更新の励みになりましたし、個人的には写真を誉めていただくのは照れ臭いやら嬉しいやらで、ますますシャッターをきる手に力が入りました。

まだまだ手が回らず放置されている箇所もありますが、今年も頑張っていきます!とりあえずスタッフルームをオープンしないと!


今年も芦刃物製作所をどうぞよろしくお願いいたします。(芦刃物高田)

2007/01/02  Comments(18209) | Trackback(0)

オレゴンのおみやげ〜その2(06/10/25)

カテゴリー名:*その他


昨日、芦刃物の近所に新しくコンビニがオープンしました。

今まで一番近いコンビニは徒歩5分くらいだったのが徒歩1分となり、とーっても便利。でもいろいろなモノも集まってくるんだろうな〜。虫やらゴミやら若者やら、、、。というわけで、芦刃物の地図も少し修正しました。

さて、芦社長のオレゴン話。

鍛冶実演は本当にトラブルだらけだったそうで、炉のブロワーが壊れて温度調整がほぼ不能の状態になるわ、鋼付け用に用意してくれたの地金が鋼付け出来ない材料だわ、エアハンマーが新品のためダイスが使いにくいわ、ガス炉が壊れてコークス炉に急遽変更になったのはいいが、使うコークスがものごっつーデカくて刃物鍛冶に全く適さなかったりとか、、、それはそれは大変だったようです。

それでもギャラリーの方々には割り込みの鋼付けの方法や、本焼包丁に見られる波紋を出すための土置きの方法など大変興味深く喜んでいただいたそうです。

また、堺のガイドブックや堺刃物に関する小冊子なども沢山配ってきたとのことでした。さすがです。(芦刃物高田)


photo: 刃物鍛冶実演をする芦社

2007/01/01  Comments(4293) | Trackback(0)