「堺刃物」の伝統を継承。包丁・ナイフ・篆刻刀・各種刃物の製造販売


更新情報やスタッフからのメッセージをお届けします。

更新情報

LOGナイフ入荷のお知らせ(2017/06/12)

カテゴリー名:更新情報


お久しぶりです。

しばらく更新できていなかった間に夏になろうとしていますね。

夏と言えば山!

山と言えば森!

森の恵みで作られたLOGナイフ入荷のお知らせです!


芦刃物のロングセラー商品の一つであるLOGナイフ。

そのハンドルには天然の木が使われています。

実はLOGナイフを作り始めた当時は、従業員自ら木を拾ってきて製作していたそうですが、現在では北海道の富良野からはるばる木を送っていただいています。


ログナイフに使われている木の種類は実に様々で、皆さんご存知のサクラの木もあればミズナラ、イタヤ、ニレといったあまり聞きなじみのない木まで、その数なんと10種類近くにもなります。

送っていただく時期によっても木の種類が変わるため、富良野から段ボールが届くといつもワクワクしながら開封の儀式を行います。笑

木によって色や質感、枝の曲がり具合が違うので、「どの向きにしたら握りやすいか?」「いかに木の風合いを活かしつつナイフに仕上げるか?」ということを考えながら製作するのは毎回新鮮で非常に楽しい作業です。

ちなみに木によってにおいも違っていて、私はコブシの木を削るときのにおいがたまらなく好きです。笑


ひとつひとつ違う「顔」を持つログナイフは、店頭はもちろんオンラインショップでも一本一本自分の目で写真を確認しながら購入していただくことができます。

しばらく品薄状態でしたが、本日新たに商品が追加されました!

同じものは2本とないログナイフ、ぜひあなただけの特別な一本を見つけてください^^


ご購入はこちらから↓
http://www.ashihamono.com/products/log.html






2017/06/12  Comments(138) | Trackback(0)

LOGナイフが選択購入出来るようになりました

カテゴリー名:更新情報


発売開始から28年目を迎えるLOGナイフ。アウトドア愛好家の方々を中心に永く愛され、今なおベストセラー商品のひとつです。

天然木をそのまま利用したハンドルは形や太さ、色味などひとつとして同じものはありません。そのため通販でご購入いただく場合、どんなハンドルのものが送られてくるか届くまで分かりませんでした。

今まで通販購入をためらう方、中にはイメージと違いガッカリされたお客様もいらっしゃったことと思います。申し訳ありませんでした。


そんな不安と選択できない不自由を解消するべく!!

選んでご購入いただけるようになりました!在庫が出来次第どんどん追加していきます。

どうぞお気に入りの一本を見つけて下さい!(芦刃物高田)





2014/05/10  Comments(19) | Trackback(0)

メディア情報更新しました (11/07/12)

カテゴリー名:更新情報


堺の「今」の空気を伝える、「おもろい」要素満載!の堺・南大阪の地域情報サイト「つーる・ど・堺」さんが【ものづくり特集】〜打刃物 アート編〜と題して、スタッフ個人の作品にスポットをあて紹介してくださっています。

芦刃物の紹介ページに限らず、他にもたくさんの興味深い面白いページがありますので、堺に興味のある方は必見です!

つーる・ど・堺
“雑記帖No.009 芦刃物製作所”
〜伝統産業をアートへ進化。“鉄”の裾野広げる鍛冶屋さん〜
http://toursakai.jp/zakki/
2011/06/04_127.html



芦刃物製作所メディア情報ページはこちら
http://www.ashihamono.com/media.html






2011/07/12  Comments(12) | Trackback(0)

篆刻刀ページの中国語版を設けました (11/05/12)

カテゴリー名:更新情報


当製作所ではメインの料理包丁のほかに、篆刻刀という石のハンコを彫刻するための刃物も製作しています。

「日本の刃物職人が作る篆刻刀」ということで、本場の中国や香港からも多くの反響をいただいています。購入に関してのお問い合わせ、ご注文も多くいただく為、篆刻刀ページのみ中国語版を設けました。

といっても当方スタッフは中国語が分かりません、、、が、ウェブ翻訳を使用しての文章翻訳で、大体通じます。ちなみに篆刻刀中国語ページは翻訳会社に依頼しました。

なお、中国語でのお問い合わせはメールのみ受付とさせていただいております。



“日本刀匠制作的篆刻刀”,在中国大陆及香港的客户中获得了很大的反响,与购买相关的咨询和订单也越来越多,为此,我们专门开设了关于篆刻刀的中文网页。

本公司员工不懂中文。将用翻译软件翻译邮件,可能会有理解不够的地方,敬请谅解(大致能明白)。

承接中国大陆、香港等国外的订单。中文的咨询仅限于E-mail。



篆刻刀中国語ページ
篆刻刀的中文页
http://www.ashihamono.com/tenkokutoh_cn.html






2011/05/12  Comments(14) | Trackback(0)

“英語ページ” 新設しました (10/08/21)

カテゴリー名:更新情報


残暑!
猛暑!
酷暑!
茹暑!

もうこんな言葉しか思いつかない毎日ですが、、、なんと、2階作業場、、、エアコン壊れました、、、。

この3〜4日、34℃超えのサウナ作業部屋で噴き出る汗をぬぐいつつの柄付け作業、何か耐久レースでもしているかの様、、、。

来週半ばまでこの状態は続きます、、、。



さて本題の“英語ページ”。

最近はサッカーW杯もあったりで「世界基準」、「グローバル」などという言葉をよく耳にしますが、小さな小さな刃物工場といえど、これからは世界にも目を向けていかねば!と日々考えております。

「社内公用語を英語化!」まではまったく必要ありませんが(笑)、日本の料理包丁が欧米でより注目される昨今、ホームページにぐらいは英語の商品紹介ページがいるだろう!と作りました。


英語ページ
“ashihamono.com - Handmade by Great Knife Making Masters”
http://www.ashihamono.com/en.html


もちろん、エアコンの効いた涼しい事務所で作りましたっ。(芦刃物高田)


photo: 涼しそうな相棒Mac




2010/08/21  Comments(18) | Trackback(0)

通販商品に“福来[フクロウ]”を追加しました (09/11/14)

カテゴリー名:更新情報


通信販売ページに“福来[フクロウ]”を追加しました。

このフクロウは刃物鍛冶の技術を生かして、一つ一つ心を込めて製作した鍛鉄製品です。初の刃物ではない商品ということになります。


フクロウは福来「福が来る」とされ、開運招来のご利益があるといわれています。不苦労ともいわれ、苦労を知らずに難を逃れるお守りとしても人気があります。

また頭がぐるりと回り、広く周囲を見渡せることから先見の明を持つ学問の神の使いとして、世界中で親しまれています。


芦刃物では以前よりフクロウをイメージキャラクターとして採用しており、包装紙やしおりにも描かれています。

商品自体も以前からありましたが、今回ホームページからでも購入できるようにしました。


文鎮(ペーパーウェイト)や置き物に。贈り物にも大変喜ばれます。(芦刃物高田)



photo: “福来[フクロウ]”

2009/11/14  Comments(11638) | Trackback(0)

お知らせページを一新しました。 (08/06/01)

カテゴリー名:更新情報


もうお気づきとは思いますが、今表示されている「お知らせページ」を一新いたしました。

今までの掲示板は過去の書き込みが閲覧しにくかったのに加え、記事の内容によってカテゴリ分けなどの分類も出来なかったので、初めて訪れて頂いた方や、以前見た記事をもう一度見たいという方に不親切な形式でした。

今回のリニューアルでその点を改善しました。個人的には”あれこれシリーズ”が閲覧しやすくなったことが嬉しいです。


つたなく読みにくい文章とは思いますが、これからも頑張って更新していきますので、よろしくお願いいたします。(芦刃物高田)

2008/06/01  Comments(19544) | Trackback(0)

メディア情報を追加しました。 (07/11/28)

カテゴリー名:更新情報


もうすっかり季節は冬。特に工場の1階はとても寒くなってきましたが、火造りや焼入れ等の時は炉に火が入るのでとても暖かい・・・というか暑いです。


さて、先日地図等で有名な昭文社から”にっぽんの旅 堺”という旅ガイドブックが発売されました。その本に堺のオススメのおみやげとして当社オリジナルブランドの銀香包丁が紹介されており、又、見学が出来て堺包丁も買える工場としても芦刃物が紹介されています。

このガイドブックは全頁フルカラーという贅沢な作りで、きれいな写真が盛り沢山。

その中でも!「堺に息づく技」のコーナートップページの写真は、な、なんと!!私の写真が使われているのです!焼入れ中の社長芦博志を撮った写真なんですが、いや〜ビックリしました。嬉しかったです。


という訳で、いろんな意味でオススメ!のガイドブックですので、機会があればぜひお手にとってみてください。(芦刃物高田)


"昭文社『にっぽんの旅』シリーズご案内"
http://www.mapple.co.jp/publ/nippon_no_tabi.html

2007/11/28  Comments(37) | Trackback(0)

リンクページ更新しました。 (07/11/12)

カテゴリー名:更新情報


今日いきなり冬がやってきました。

ホントに気候の良い季節が短くなりました。メチャクチャ暑いかめちゃくちゃ寒いか、、、。ハッキリしていて良いか!?


さてリンクページを更新いたしました。今回追加したHP、オススメです!ぜひぜひご覧になってください!

ひとつはサンドブラストガラス工芸作家古谷智子さんのHP、"DesignTM"。

サンドブラストというのは、細かい砂を勢いよくガラスに吹き付けて絵や模様を描くんです。ん〜文字だと説明が難しい、、、。

とにかく百聞は一見にしかず。リンク先"DesignTM"を訪れてみてください!


そしてそして、実物をぜひ見たい〜!という方は古谷智子さんのアトリエがある”銀河村”へ。場所は大阪の和泉市、自然に囲まれた空間に様々な「ものづくり好き」が集う楽しい場所です。

ここには芦刃物が仲良くしていただいている沖縄出身アーティスト玉城正雄氏のアトリエもあります。


サンドブラストガラス工芸作家古谷智子さんと社長芦博志(鍛鉄作品)とのコラボ作品も数点ありますので、またご紹介できればと思います。気長にお待ちください〜。(芦刃物高田)


"DesignTM"
http://atama.servebeer.com/tm/index.htm

"しのだのもり 銀河村"
http://atama.servebeer.com/ginga/pc.htm


photo: コラボ作品の鏡


2007/11/12  Comments(36) | Trackback(0)

リンク追加しました。(06/05/27)

カテゴリー名:更新情報


リンクページに” K&K Forgeworks ”を追加しました。

” K&K Forgeworks ”は鍛鉄作家Arnon Kartmazov氏のHPです。社長の友人でもあるArnon氏はオレゴン州ポートランド在住、英語、日本語、ロシア語、ヘブライ語と4か国語を操る、一風変わった鍛鉄作家です。

大小様々な作品がとてもキレイな写真で紹介されています。オススメ。(芦刃物高田)


” K&K Forgeworks ”
http://www.kandkforgeworks.com/

2007/01/01  Comments(2328) | Trackback(0)