「堺刃物」の伝統を継承。包丁・ナイフ・篆刻刀・各種刃物の製造販売


更新情報やスタッフからのメッセージをお届けします。


今年も堺刃物まつりが無事に終わりました(2018/0423)

カテゴリー名:”芦刃物あれこれ”


ありがたいことに2日間とも晴天に恵まれ、会場のまわりでは外で腰を掛けながら屋台のたこ焼きを食べる来場者の方々の和やかな様子がとても印象的でした。


我々は今年もハサミの修理コーナーのお手伝いをさせてもらい、2日間でおよそ150名近くの方がハサミを持ってこられました。

裁ちばさみや刈り込みばさみ、キッチンばさみに糸切はさみと、皆さん様々なハサミを持ってこられます。

それらを一つずつ分解し、研いで、磨いて、もう一度組み直した後、刃のかみ合わせを調節してからお返しします。

はさみの研ぎ直しは包丁とはまったく違う工程です。



今回多くの方がハサミを持ってこられた中で、「母の形見のはさみの切れ味が落ちてきて困っていた。研ぎ直してもらって少しでも長く使いたいんです。」とお話しされていた方がいました。

2日間の刃物まつりで約200丁ほどのはさみの研ぎ直しをしましたが、きっとその1丁1丁に刻まれた思い出があり、歴史があるのだと考えると、身が引き締まる思いでした。



道具を修理するという仕事はただそのものを使えるようにするというだけではなく、その使い手の歴史を未来へつなぐ仕事ともいえるのかもしれません。



使い手の歴史の一翼を担えるようなものづくりを続けていきたい、と改めて実感できる貴重な時間を過ごすことができました。



堺刃物まつりは今後も引き続き4月開催だそうです。

もし今回来られなかったという方は是非来年お越しくださいね^^





2018/04/23  Comments(23) | Trackback(0)
このエントリーのトラックバックURL
http://www.ashihamono.com/blog/OB-TB.cgi/168

この記事へのコメント

コメントをかく

NAME:

E-MAIL:

URL:

Comment:

この記事へのトラックバック