「堺刃物」の伝統を継承。包丁・ナイフ・篆刻刀・各種刃物の製造販売


更新情報やスタッフからのメッセージをお届けします。


芦刃物あれこれ(10)〜砥石の交換(17/10/26)

カテゴリー名:”芦刃物あれこれ”


いくら大きなものを使おうと、砥石は消耗品です。


包丁の研ぎ工程に使用している砥石に限界が来たので交換を行いました。

直径1m近くにもなるこの砥石ですが、包丁を研いでいると少しずつ減っていきます。

芦刃物の場合、その寿命はおよそ3年。

役目を終えた砥石は外され、新しい砥石に付け替えられます。


付け替えるといっても重さ何十キロにもなる砥石を付け替えるのは簡単なことではありません。

と同時に、3年間で積もった「削りカス」の掃除もしなければいけません。

その量、実にドラム缶2杯分!!


砥石を外し、掃除をして、機械が錆びないように塗装を塗り直し、新しい砥石を取り付けます。

3人がかりで丸一日かけて行う作業です。


積もり積もった3年間の歴史をかみしめ、研いでいる途中で落としてしまった包丁との再会を懐かしみ、そしてこれからの3年間に思いを馳せるのです…。

というのは少し大袈裟ですが。笑


新たな砥石で心機一転、今日も芦刃物製作所はフル回転で動いております!

ただ、新しくした砥石はしばらくの間“暴れる”ので、それを落ち着かせるのが一番大変だったりします…笑


(芦刃物 ホリバ)





2017/10/26  Comments(15) | Trackback(0)

台風21号の影響 (17/10/23)

カテゴリー名:*その他


昨夜、日本全土で台風21号が猛威を振るいました。


芦刃物製作所から500mほど離れた場所には大阪市と堺市を隔てる大和川という大きな川があります。

普段はおだやかな川で、毎年夏には大阪市の住吉大社から神輿を担いで大和川を渡り、堺の宿院頓宮まで練り歩く「御渡り」という行事も行われます。


奈良県から堺の海まで続くこの大和川が、昨夜の大雨により例年にないほどの増水をしました。


大和川を中心とする一帯では避難勧告が出され、一部の地域では氾濫による浸水被害も起きたようです。


幸いなことに芦刃物製作所は浸水の被害もなく通常通りの営業ができていますが、一夜明けた今朝も大雨と強風の影響のすさまじさはあらゆる場所に残されていました。


災害が起こらないことへの感謝と、日頃の防災意識を持つことの大切さを改めて実感する日となりました。


東北地方、北海道では引き続き台風の影響が残るそうですので、くれぐれもお気を付けください。

そして、水害や土砂災害に見舞われた方々が一日でも早く日常生活に戻れるよう祈っています。



2017/10/23  Comments(13) | Trackback(0)

刃物あれこれ(3)〜刃物屋の研ぎ直しは必要?(17/10/20)

カテゴリー名:”刃物あれこれ”


「包丁は刃物屋さんに研いでもらったほうがいいの?」

と、聞かれることがあります。


私の答えは「Yesでもあり、Noでもある」です。


そもそもなぜ包丁で物が切れるんでしょうか。


実は包丁の刃は非常に細かいノコギリのようになっています。

食材を切っているうちにノコギリの刃が削れて丸くなった状態を「切れ味が落ちた」と言っています。


ノコギリの刃を付け直すのに使用するのが砥石です。

最近では包丁をあてて動かすだけで研げる手軽なシャープナーもありますね。

これでもノコギリのような刃は付け直せるので十分切れるようになります。

「茶碗の裏に刃をあてると切れ味が戻る」と聞いたことがある方もいるかと思いますが、シャープナーはこれと同じ原理です。


では、シャープナーや砥石があれば刃物屋の研ぎは必要ない?


いいえ、実はそうではありません。

シャープナーや家庭用砥石にも弱点があります。


シャープナーも家庭用の砥石も刃の先を研いでいます。

しかし包丁は刃の背中側にいくにつれて厚くなっているので、先だけを研いでいるとだんだんと刃が厚くなっていってしまいます。※

そうなると、いくら刃先を研いでも鋭い刃にはならず、切れ味が落ちるのが早くなっていきます。


ここで、いよいよ刃物屋さんの出番です!

刃物屋にある巨大な砥石を使えば、厚くなってしまった包丁の刃全体を薄くすることができるのです。


つまり、日常的なお手入れはご家庭の砥石やシャープナーで十分ですが、もし研いでも切れ味がすぐ落ちるなと感じたら刃物屋さんにお任せください。


正しく手入れをして長く包丁を使っていただくことが我々の喜びでもあります。

ほとんどの刃物屋さんが自社製品以外の包丁の研ぎも受け付けているので、お気軽にお持ちくださいね^^



※和包丁は洋包丁と違い、刃の角度・厚みを一定に保つように研ぎます。なので、厳密に言えば「刃が厚くなる」のは洋包丁に限った特徴でもあります。


(芦刃物 ホリバ)




2017/10/20  Comments(0) | Trackback(0)