「堺刃物」の伝統を継承。包丁・ナイフ・篆刻刀・各種刃物の製造販売


更新情報やスタッフからのメッセージをお届けします。


とうふすくいを作りました(2017/05/02)

カテゴリー名:*その他


芦刃物製作所の向かいにはSPinniNG MiLLさんというイベントスペースがあります。

明治に建てられた紡績工場の社屋を再利用した、レンガ造りのオシャレな建物で、写真スタジオをはじめ、フリーマーケットや各種イベントを精力的におこなっています。

先日、そのSPinniNG MiLLさん主催の「とうふすくいを作るワークショップ」に参加させていただきました。

講師は京都で金網細工をされている金網つじの辻さんです。


ワークショップではとうふすくいの網の製作をさせてもらいました。

2本の針金を持ち、角度を保ちながらねじる…文章で書くと簡単そうなのですがこれがなかなか難しい!

少しでも気を抜くと六角形はいびつな形になってしまい、そのいびつな六角形の隣も、その隣も…と最後のほうは六角形にすらなっていませんでした。笑

包丁作りにおいて指先を使うということがあまりないので、繊細な職人技に少しだけでも触れられたことは未知の世界に飛び込んだようで、本当にいい経験となりました。

(包丁作りが繊細じゃないわけではないですよ…笑)


とうふすくいをはじめ、金網細工は永く日本の生活を支えてきました。

しかし、安価な外国産の製品が簡単に手に入るようになった現代において、ものづくりの世界はターニングポイントを迎えています。

そのようなことを辻さんに質問してみたところ、「逆にありがたいんです。」という意外な言葉が返ってきました。

「量産品には量産品の、伝統工芸には伝統工芸のそれぞれにしかできないことをしている。だから量産品を脅威とも思わないし、自分たちはただ良いものを作るだけ。」と辻さんはおっしゃっていました。

金網つじさんが掲げている【脇役の品格】という言葉があるのですが、「脇役」という単語とは裏腹に非常に深い信念と自信を感じました。


ワークショップを通して気軽にモノづくりの世界を体感できるのは現代のモノづくりの新しい形かもしれませんね。

これからもいろいろな世界に飛び込んでみたいものです。


【金網つじ】
http://www.kanaamitsuji.com//

【SPinniNG MiLL】
https://www.spinningmill.info/


(芦刃物 ホリバ)




2017/05/02  Comments(35) | Trackback(0)
このエントリーのトラックバックURL
http://www.ashihamono.com/blog/OB-TB.cgi/151

この記事へのコメント

コメントをかく

NAME:

E-MAIL:

URL:

Comment:

この記事へのトラックバック